交通広告の種類や効果とは?よくある疑問や解決についてわかりやすく紹介

このサイトは、交通広告の種類およびそれぞれの効果についてよくある疑問および解決に役立てることができるコンテンツを用意しました。
このような広告の特性を知ることで、反復訴求効果への期待ができることやエリアプロモーションなどの把握ができるようになります。
そのため、上手に広告を活用すれば自社の宣伝はもちろん商品やサービスのPRにも効果が期待できるなど、初心者にも分かりやすく解説しているので参考にされると良いでしょう。

交通広告の種類や効果とは?よくある疑問や解決についてわかりやすく紹介

一口に交通広告といっても、駅構内や構外、電車のホームや車両内、車内アナウンスやポケット時刻表、おしぼりなど多種多彩なものが存在します。
交通広告の種類を把握することで自社の宣伝を行うとき、最適な手段が何になるのか解決に繋げることができます。
なお、交通広告はターゲットを絞り込み情報の発信ができることや信頼性が高い公共交通機関に掲載が可能になるなどのメリットがあること、人通り多い場所の交通広告は繰り返し視認されるなどの特徴もあります。

昔から多くの企業に利用されている交通広告

企業の知名度をアップしたり、製品やサービスの情報を多くの人に知ってもらうために交通広告を活用しようと検討していると思われます。
通勤や通学で多くの人に見てもらえるため高い効果が期待でき、昔から多くの企業に利用されています。
他の場所に設置されている広告は素通りされてしまう可能性が高いのですが、交通広告は毎日触れるわけなので視認性の高いのが特徴です。
交通広告は看板やポスターが一般的でしたが、最近はデジタルサイネージを活用したものが主流になりつつあります。
ディスプレイを駅の構内や車内に設置して、静止画や映像を流すことが可能になりました。
映像の方が興味を持ってもらえますし、設定するだけで時間や曜日に合わせて広告の内容を変えられることも魅力です。
交通広告は高い効果が期待できるのですが、内容がイマイチであれば意味がありません。
制作業者に依頼することになりましが、自社の要望をしっかり伝えて、クオリティの高い広告にしてもらうことが大事です。

交通広告の情報浸透率が高い理由とは?

マーケティングはいろんな業界で重んじられているものです。
飲食店から医療施設、さらには教育施設でも利用者数をアップさせるために、いろんな媒体を活用して宣伝をなされています。
以前は新聞の折り込み広告が多かったのですが、現在は交通広告が主流となりました。
そこでここでは、なぜ交通広告が支持をされているのかを見ていくことにしましょう。
理由は情報浸透率が高いからであり、少ない情報量でも多くの方に伝えたいことを届けることが可能です。
まず、大きな駅であれば、規模に合わせて設置をしている看板も大きいのがポイントになります。
医療施設を例にしてみると、病院名から診療科目の一覧、さらには建物の外観写真を掲載されているものです。
その場所に興味を持つ方にとって、知りたい事項をすべて1枚の看板で見て取れるので浸透率が高いといえるわけです。
これは交通広告の良さであり、ほかのものと差別化を図るために考案をされたテンプレートになります。

交通広告は多くの消費者へ一度にリーチできる広告媒体

交通広告は多くの消費者に対して一度にまとめてアピールできる優秀な広告媒体ということができます。
別に交通広告が最も優れているというつもりはありませんが、鉄道や電車は、年齢とか性別その他の個人的な属性要素にあまり大きく左右されることなく、不特定多数の人が日常的に利用するという大きな特徴があります。
ごく単純に言って、全く同じ大きさや内容の広告物を、駅から少し離れただけの商店街とか住宅街に設置することを考えてみて下さい。
地理的にはほぼ変わらない場所に置かれているにも関わらず、その効果が全く違うものになることは容易に想像できます。
大勢の人が行き交う場所にあることの利点が現れています。
特定の層に偏ることがあまりないのも利点の一つです。
もちろんいろいろな人がいるわけですが、少なくとも都心部やその周辺地域に暮らしている人で、自分は全く鉄道は利用しない、外出は常に自家用車だとか、そもそも外出すらしないという人は少数派でしょう。

交通広告が嫌われにくいメディアである理由とは?

広告は、ユーザーとのコミュニケーション次第では嫌われる対象になってしまいます。
例えば、Web広告の場合、作業が中断されたり閲覧しないと目的のコンテンツが見られなかったりするケースが少なくありません。
また、テレビCMでも何度も繰り返し流すとユーザーに嫌われてしまう恐れがあります。
近年は、ウェブブラウザにアドブロックと呼ばれる広告をブロックできる拡張機能を導入している方も増えていますが、交通広告は数ある広告メディアの中でも嫌われにくい傾向があります。
交通広告は、通勤や通学など日常的に利用する公共交通機関という空間に存在するため、自然な形でユーザーの視界に広告を入れることが可能です。
加えて、ユーザーにとって作業が中断されるようなものでもないため、反復的に接触しても嫌悪感を抱く方が少ないという特徴があります。
このように、交通広告は反復的に接触しても嫌われにくいメディアなので、ユーザーとのコミュニケーションの深化が期待できます。

交通広告に関する情報サイト
交通広告について知ろう

このサイトは、交通広告の種類およびそれぞれの効果についてよくある疑問および解決に役立てることができるコンテンツを用意しました。このような広告の特性を知ることで、反復訴求効果への期待ができることやエリアプロモーションなどの把握ができるようになります。そのため、上手に広告を活用すれば自社の宣伝はもちろん商品やサービスのPRにも効果が期待できるなど、初心者にも分かりやすく解説しているので参考にされると良いでしょう。

Search